トップへ » アレルギー治療 » アレルギーパッチテストの流れ

パッチテストの流れ

パッチテストの流れ
液体あるいはペースト状の試薬を適量テープに付け、背中または腕に2日間貼る。
2日後、テープを剥がし、2日目、3日目と7日目の皮膚反応を国際接触皮膚炎学会の基準に従って判定する。

パッチテストの判定基準

パッチテストの判定基準


アレルギーパッチテストの流れ
(※東京医科歯科大学付属病院歯科アレルギー外来調査データより)

元素別パッチテスト陽性患者数
1998年から2002年は水銀(Hg)が最も多かったが2003年から2005年は
ニッケル(Ni)が最も多くなったまた近年では、パラジウム(Pd)に対しての陽性値も高くなっている。

関連ページリンク

当院が選ばれる理由

一般歯科
虫歯治療無痛治療

アレルギー治療
歯科金属アレルギー治療アレルギーパッチテストの流れアレルギーの治療例

その他の治療
予防歯科審美歯科インプラントレーザー治療
よくあるご質問料金表医療費控除

ドクター紹介・経歴
院内ツアー・院内設備アクセス・診療時間プライバシーポリシー

歯やお口のトラブルでお悩みの方、ぜひご相談ください

カウンセリングのお申し込み、ご予約はこちら

このページのトップへ


トップへ » アレルギー治療 » アレルギーパッチテストの流れ


コールバック予約