トップへ » 一般歯科 » 無痛治療

「怖い・痛い」を軽減する治療を目指す

無痛治療

「歯を削られるのは怖い」「治療するのは痛い」そんな不安から、虫歯をそのまま放置している方はいませんか?どうぞ、ご安心ください。当院では、「なるべく痛くない」をモットーに、患者さんの身体に負担が少ない歯科治療を心掛けております。怖さや痛さを克服するためのカウンセリングや痛みを軽減する麻酔の工夫、またご希望の方にはレーザー治療をおこなうなど、安心して患者さんが治療を受けられる体制を整えております。

痛くないレーザー治療もしております

痛くないレーザー治療レーザー治療は虫歯になった部分だけを取り除くことができるので、健康な部分を多く残すことができ、痛みも少なくてすむのが特徴です。そのためレーザー治療ではほとんどの場合、麻酔を使わないので麻酔が苦手だという方にもおすすめです。

痛くないレーザー治療について

【「怖い」への対策】まずはカウンセリングで痛みに対する不安を解消

無痛治療歯医者の治療は痛いという恐怖心や不安感を治療前のカウンセリングで解消いたします。

痛いと思い込んでしまうと、痛さに対する恐怖心や不安感が痛みに対して敏感に働き、微かな痛みにも過剰に反応してしまいます。そのような感情を解消するために、丁寧な治療の説明やカウンセリングを懇切丁寧にさせていただきますので、安心して治療をうけることができます。

【「痛い」への対策1】「麻酔の痛み」自体を軽減

無痛治療歯科治療では、痛みを抑えるために、「麻酔」をかけますが、「麻酔そのものが痛かった」という経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。当院では、麻酔のときは、表面麻酔を使用し、麻酔の痛みそのものも軽減するようにしています。

表面麻酔とは、皮膚や粘膜の知覚を麻痺させるためにおこなう麻酔法のこと。塗り薬のように患部に直接塗ることで、麻酔針を注入する際の「チクリ」とする痛みを減らすことができます。

【「痛い」への対策2】麻酔薬の注入時にも、高度な技術

無痛治療麻酔の針のささる痛みを抑えても、その後には麻酔薬を注入する痛みがあります。その痛みは、麻酔を注入するスピードによる余計な圧力です。

当院では、「電動麻酔」とよばれる特殊な装置をつかって、ゆっくりと麻酔を注入。麻酔を入れるときの、痛み・不快感を抑えています。実際、多くの患者さんから「痛みがほとんどなかった」「思った以上に、あっという間に治療が終わった」などの声をいただいております。

「怖い」「痛い」の不安感をなくすことの重要性

「怖い」「痛い」が理由で歯医者から足が遠のくと・・・
無痛治療当院が怖さや痛さに対して、こだわりをもった治療をする理由は、患者さまに安心して治療を受けていただきたいという思いからです。そして、治療を通して、怖さや痛さを克服していただければ、その後は歯医者へ通うことが億劫にならずに済むことに繋がると信じております。怖さや痛さが歯医者へ通うことの妨げとなり通院の時期が遅くなってしまうと、虫歯の状態が悪化してしまいます。そうならないためにも、怖さや痛さなどの不安感を皆様に克服してほしいと考えております。

関連ページリンク

当院が選ばれる理由

一般歯科
虫歯治療無痛治療

アレルギー治療
歯科金属アレルギー治療アレルギーパッチテストの流れアレルギーの治療例

その他の治療
予防歯科審美歯科インプラントレーザー治療
よくあるご質問料金表医療費控除

ドクター紹介・経歴
院内ツアー・院内設備アクセス・診療時間プライバシーポリシー

歯やお口のトラブルでお悩みの方、ぜひご相談ください

カウンセリングのお申し込み、ご予約はこちら

このページのトップへ


トップへ » 一般歯科 » 無痛治療


コールバック予約